PHP

【PHPの基礎】配列に要素を追加するarray_push関数をマスターしよう!

array_push関数
今回解決できる内容!

✔️array_push関数とは?

✔️array_push関数の使い方

今回はarray_push関数についてご説明します!

関数の基礎に関しては下記の記事を参考にして下さい。

関数
【PHPの基礎】関数をマスターしよう! 今回解決できる内容! ✔️関数とはなんだろう? ✔️関数の使い方は? ...

独学がつらくなった方は下記をご覧ください!

>>【初心者必見!】無料体験ができるプログラミングスクールをご紹介!

【基礎編】array_push関数とは

array_push関数は、配列の末尾に要素を追加することができる関数です。

書き方は下記の通りです。

array_push(追加先の配列、追加した要素1、要素2・・・);

第1引数には要素を追加する先の配列を配置します。

第2引数以降は、実際に配列の末尾に追加したい要素を配置します。

返り値は値を追加後の配列の要素数です!

配列の基礎に関しては下記の記事を参考にして下さい!

>>【PHPの基礎】配列、連想配列をマスターしよう!

返り値の基礎に関しては下記の記事を参考にして下さい!

>>【PHPの基礎】返り値をマスターしよう!

【基礎編】array_push関数の使い方

まずは配列の末尾に値を追加するコードを確認してみましょう!

配列の値の追加

<?php

$sports=['tennis','baseball','football'];

array_push($sports,'basketball');

print_r($sports);

?>

結果は下記の通りです。

「$sports」の配列に要素を追加するコードになります。

array_push関数の第1引数に「$sports」、第2引数に「basketball」を配置しています。

よって、「$sports」の最後の要素に「basketball」が追加されました。

値を追加後の要素数を取得

<?php

$sports=['tennis','baseball','football'];

$length=array_push($sports,'basketball');

print_r($length);

?>

結果は下記の通りです。

「$sports」の要素数は「3」で、array_push関数によって「basketball」が追加されたため、合計の要素数は「4」になる。

よって返り値として「4」が返される。

【応用編】連想配列を追加する

連想配列を追加する場合はarray_push関数ではなく、array_merge関数を使用します!

array_merge関数の書き方は下記の通りです。

array_merge(配列1,配列2,配列3・・・)

引数には1つ以上の配列を指定できます。

実際にコードを確認してみましょう。

<?php

$array1=['a'=>'tennis','b'=>'baseball'];
$array2=['c'=>'football','d'=>'basketball'];

$sports=array_merge($array1,$array2);

print_r($sports);

?>

結果は下記の通りです。

array_merge関数により、連想配列の$array1の要素と$array2の要素が順番に結合されていることがわかります。

array_merge関数の詳細は下記の記事を参考にして下さい!

>>【PHPの基礎】array_merge関数をマスターしよう!

独学がツラくなった方へ

私は独学でプログラミングを学んで2年以上になります。

正直本業を頑張りながらプログラミング学習するのは相当大変でした。

当時は意地でも独学で学んでやる!と意気込んでいましたが、今思うと、スクールに通えば上達するスピードはもう少し早かったのではないかと思っています。

効率よくプログラミングを身につけたい方は是非スクールも視野にいれてみて下さい!

まとめ

今回説明した内容

✅array_push関数の使い方

✅array_merge関数について

今回は以上になります!

配列における組み込み関数のまとめは下記の記事を参考にして下さい!

配列における組み込み関数
【PHPの基礎】PHPの配列における組み込み関数のまとめ!(追加|検索|結合|要素数|キーの存在) 今回解決できる内容 ✔️PHPの配列における組み込み関数を知りたい! 今回は配列における組み込み関...