PHP

【PHPの基礎】PHPの配列における組み込み関数のまとめ!(追加|検索|結合|要素数|キーの存在)

配列における組み込み関数
今回解決できる内容

✔️PHPの配列における組み込み関数を知りたい!

今回は配列における組み込み関数をまとめてみました。

実際の開発でもよく使われる関数が多いので是非マスターして下さい!

配列、2次元配列の基礎に関しては下記の記事を参考にして下さい!

【PHPの基礎】配列、連想配列をマスターしよう!

【PHPの基礎】2次元配列をマスターしよう!

仕事と両立してスキルを身につけたい方はこちら!

✔︎【DMM WEBCAMP】 完全未経験からエンジニアを目指したい方へ!

※無料カウンセリングで、今悩んでいることを気軽にプロに相談できます

配列に要素を追加(array_push関数)

array_push関数は、配列に要素を追加することができる関数です。

書き方は下記の通りです。

array_push(追加先の配列、追加した要素1、要素2・・・);

第1引数には要素を追加する先の配列を配置します。

第2引数以降は、実際に追加したい要素を配置します。

実際のコードで確認してみましょう!

サンプルコード

<?php

$sports=['tennis','baseball','football'];

array_push($sports,'basketball');

print_r($sports);

?>

結果は下記の通りです。

コード解説

「$sports」の配列に要素を追加するコードになります。

array_push関数の第1引数に「$sports」、第2引数に「basketball」を配置しています。

よって、「$sports」の最後の要素に「basketball」が追加されました。

array_push関数の詳細は下記の記事を参考にして下さい!

>>【PHPの基礎】配列に要素を追加するarray_push関数をマスターしよう!

配列の検索(array_search関数)

array_search関数とは、配列の中に検索した要素があるかどうかを調べる関数です。

返り値は、値が配列内に存在する場合はそのキーを返し、それ以外の場合はfalseを返します。

返り値に関しては下記の記事を参考にして下さい!

>>【PHPの基礎】返り値をマスターしよう!

array_search関数の書き方は下記の通りです。

array_search(検索対象の値, 検索対象の配列 [, 型の比較を行うかどうか]);

第1引数には検索したい値、第2引数には検索する配列、第3引数にはの比較までを行うどうかをboolean型でしてします。

第3引数は省略可能です!

型に関しては下記の記事を参考にして下さい!

>>【PHPの基礎】変数、型の種類をマスターしよう!

実際の使い方を確認してみましょう!

サンプルコード

<?php 

$sports=['tennis','baseball','football','basketball'];

$result=array_search('baseball',$sports);

var_dump($result);

?>

結果は下記の通りです。

コード解説

$sportsの配列の中に、「baseball」の要素があるかを確認するコードになっています。

「baseball」要素が存在する場合は、キーが返されます。

今回「baseball」は$sports配列の「1」に位置している為、返り値として「1」が返されます。

array_search関数の詳細に関しては下記の記事を参考にして下さい!

>>【PHPの基礎】配列中の要素検索するarray_search関数をマスターしよう!

配列の結合(array_merge関数)

array_merge関数は、複数の配列を結合して配列を返す関数です。

array_merge関数の書き方は下記の通りです。

array_merge(配列1,配列2,配列3・・・)

引数には1つ以上の配列を指定できます。

実際のコードで確認してみましょう!

サンプルコード

<?php

$array1=['a','b'];
$array2=['c','d','e'];
$array3=['e','f','g','h'];


$array=array_merge($array1,$array2,$array3);

print_r($array);


?>

結果は下記の通りです。

結果を確認すると、$arrayは配列が統合された配列が格納されていることがわかります。

array_merge関数の詳細に関しては下記の記事を参考にして下さい!

>>【PHPの基礎】array_merge関数(配列の結合)をマスターしよう!

配列の要素数を取得(count関数)

count関数は、配列や連想配列の要素の数をカウントすることができる関数です。

count関数の書き方は下記の通りです。

count(要素を数える配列,mode);

第一引数に要素の数を数えたい配列を入れます。

第二引数のmodeとは配列のカウント方法になります。mode引数にCOUNT_RECURSIVEもしくは1を指定すると、再帰的に配列がカウントされます。指定していない場合は、省略出来ます。

第二引数に関しては、実際に例を見て頂くと分かりやすいかと思います。

実際にコードを書いてみましょう!

第一引数のみの場合

サンプルコード

<?php

$subject=array('国語','理科','社会');
$count=count($subject);

echo $count;

?>

実行結果は下記の通りです。

コード解説

配列「$subject」には、国語、理科、社会という3つの要素が存在するため、

$countは「3」になり、それが出力されます。

第二引数もある場合

次に配列の中に配列が入っている例を確認してみましょう。

サンプルコード

<?php

$name=array('佐藤','伊藤');
$subject=array('国語','理科','社会');
$array=array($name,$subject);
$count=count($array,COUNT_RECURSIVE);

echo $count;

?>

実行結果は下記の通りです。

コード解説

第二引数に「COUNT_RECURSIVE」を付け加えることで1次元目($name)の要素数(2つ)、2次元目($subject)の要素数(3つ)を数え、$arrayの要素数($name,$subjectの2つ)を合計して’7’が表示されます。

count関数の詳細に関しては下記の記事を参考にして下さい!

>>【PHPの基礎】配列の要素数を取得するcount関数をマスターしよう!

配列のキーの存在確認(array_key_exists関数)

array_key_exists関数とは指定したキーまたは添字が配列にあるかどうかを調べる関数です。

array_key_exists関数は下記のように記述します。

array_key_exists($キー、$配列名);

第1引数:検索したいキー名

第2引数:配列名

検索したキー名が配列に存在した場合は返り値としてtrue、存在しない場合はfalseを返します。

実際の使い方を確認してみましょう。

サンプルコード

<?php

$array=['得意'=>'体育','普通'=>'国語','不得意'=>'英語'];
$array_key='不得意';

if(array_key_exists($array_key,$array)){
  echo '英語は'.$array_key;
}else{
  echo $array_key.'は存在しません';
}

 ?>

実行結果は下記の通りです。

コード解説

配列「$array」に、「$array_key」つまり「不得意」のキーが存在するか確認するコードです。

実行結果の通り、「$array」に「不得意」というキーが存在するので、array_key_existsはtrueを返します。

つまり、「英語は不得意」が出力されます。

array_key_exists関数の詳細に関しては下記の記事を参考にして下さい!

>>【PHPの基礎】array_key_exists関数をマスターしよう!

独学につかれた方へ

私は独学でプログラミングを学んで、実際に初めて稼げるようになるまで2年以上かかりました

当時は意地でも独学で学んでやる!と意気込んでいましたが、今思えばスクールに通うことで稼ぐまでのスピードはもう少し短縮できたのではと思っています。

効率よくプログラミングを身につけたい方は是非参考にしてみて下さい!

まとめ

今回解説した内容

✅PHPの配列における組み込み関数のまとめ

今回は配列における組み込み関数に関して詳しくご説明しました!

是非マスターしていきましょう!